終売品 ステンレス・茶筒Φ70

ブランシェ ステンレス急須


 

 

ステンレス急須について

2012年秋に、金属加工職人の名人富田勝一氏が他界されました。
【金属加工職人 富田 勝一(Tomita Katsuichi) 1940-2012】
ステンレス急須・茶筒は全て故、富田氏の手作りでした。
本来であれば富田氏の代で製品の幕は閉じてしまう予定だったのですが、 たくさんのお客様のご要望と、氏の作品と想いを残していきたいという考えのもと、 氏の使用していた金型などを引き取り、一から製造をできる工場を探し2013年夏、 氏の想いを引き継げる技術と高いクオリティをもった工場で 新たに試行錯誤しながら製品化に向けて出来あがったステンレスシリーズです。
故、冨田氏が1994年ころ、昔から使われていたステンレスの茶筒と急須 (プラスチックのハンドルやつまみが付いていたもの)を、リデザインした商品です。
故、富田氏は、ステンレス鋼材の一枚から裁断し曲げて成形、磨き上げまでオールハンドメイドでした。
現在は製造ライン新方式を採用しより安定した製造法に変わりましたが、 ハンドメイド製法の良さを最大限に活かしながらの生産をされています。 (一部メーカーHPより引用)

製造場所の変更、原材料の高騰等で以前より価格が、上がっておりますことをご了承ください。
ステンレス急須 旧4,095円 → 新4,305円
茶筒φ70スリム 旧2,835円 → 新3,045円
茶筒φ80ショート旧2,835円 → 新3,150円
  新工程で作られ、価格の変更もありましたので、 当店では、新・ステンレスシリーズと呼ばせて頂いております。
商品名の前にあえて『新』を付けさせて頂き、旧商品と区別させて頂きます。

(下記のリンクをクリックしてください。新シリーズのページに移動します)
☆新・ステンレス急須
☆新・ステンレス茶筒トールサイズ φ70
☆新・ステンレス茶筒ショートサイズφ85


 

 


zoom up!
 

デザイン

丈夫で錆に強く、見た目も美しいステンレスの茶筒。
ステンレスは曲げる・切る・継ぐなどの加工がとても難しい素材ですが、 この茶筒はフタの本体への閉まり具合がとてもスムーズで、継ぎ目部分も美しく、 加工技術のクオリティの高さが伺えます。
もちろん密閉度も高いので、茶葉の鮮度、香りを保ってくれます。
表面にはよりステンレスの質感を楽しめるヘアライン仕上げを施し、 落ち着いた雰囲気を演出。
指紋も目立ちにくく扱いも楽です。
和洋どちらにもマッチするので日本茶のほか、中国茶、紅茶やハーブティーなどの保存にも適しています。


 shortとtallの2タイプ

  ステンレス茶筒
zoom up!
茶筒は、shortとtallの2サイズ。 shortサイズは、小さくてぽってりした 可愛らしいシルエット。 tallサイズは、スリムでシャープなスタイル。
どちらも350cc(茶葉100g)と容量は同じですので、お好みの形をお選びください。 サイズ違いの茶筒にそれぞれ異なる茶葉を入れれば、一見で中身がわかるので便利です。 。


ステンレス茶筒
zoom up!
 

高い密閉性

金属加工業が盛んな新潟県燕市のメーカーさんの製造で、造りもしっかりしているので、高級たんすの引き出しのように、蓋がしっくりストンと閉まる感じが気持ちよく感じられます。
当然密閉性も高いので、防湿効果も十分。茶葉の香ばしさを長く保ってくれます。
内側の研磨もしっかりとヘアライン加工で美しいです。
この茶筒ならテーブルの上に置いてても様になります。


Shopping Cart

  お気に入りに追加


※ 新・ステンレス茶筒トールサイズφ70別ページにてご紹介しております。

終売品 ステンレス・茶筒Φ70

価格:

2,916円 (税込)

[ポイント還元 29ポイント〜]
購入数:
在庫切れ

ページトップへ